ノミを退治するには|退治する時に気を付けること|ハチなどの危険な虫は特に注意
男性女性

退治する時に気を付けること|ハチなどの危険な虫は特に注意

ノミを退治するには

婦人

ペットから人へ移る

ペットを飼っている家庭で特に気をつけたいのが、ノミによる被害です。ノミは体長数ミリの小さな昆虫で、動物の血を吸って生活します。わが国では約80種が生息していると言われていますが、人に寄生するヒトノミはほぼ絶滅状態です。ただ犬を宿主とするイヌノミや猫を宿主とするネコノミが多く見られ、こうした種が動物を媒介として人に寄生することがあります。また、ペットを飼っていなくても敷地内に野良猫が入り込んだりすると、その身体にとりついていたノミが庭仕事の最中に人に寄生したりします。ノミに刺されると猛烈なかゆみが1週間前後続きます。刺される場所は膝から下、特に足首が多く、顔や手など露出している部分を刺す蚊や、わき腹など柔らかい部分を刺すダニと異なる特徴を持っています。

家全体の対策が必要

ノミは動物の身体にとりつくだけでなく、布団やカーペット、畳など室内のさまざまな場所に生息します。また、ペットが寝転がったソファなどには卵が落ちることがあります。こうしたことから、ノミ駆除は家全体で行うことが大切です。家全体のノミ駆除には、市販の燻煙剤や燻蒸剤が効果的です。卵も一緒に駆除できるので、繁殖の予防にもつながります。布団や枕などにひそむダニは、速乾性のスプレー式殺虫剤で退治します。毛足の長いカーペットには、専用のノミ駆除パウダーを使うと便利です。ペットの身体についたノミは、ノミ取りシャンプーやノミ取り首輪などで駆除します。これらはペットショップや動物病院で入手できます。屋外のノミは、野良猫の通りそうな場所に殺虫剤を散布して駆除します。場所が特定できないときは、ノミ駆除専門の業者に依頼すれば調査してもらえます。